メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

真田幸村ゆかりの上田城「復元に役立てて」 匿名で10億円寄付

上田城の東虎口櫓門。左が南櫓、右が北櫓=長野県上田市教育委員会提供

 長野県上田市は、2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」の主人公で戦国武将・真田信繁(幸村)ゆかりの上田城の復元に役立ててほしいと、市民1人から昨年12月末に10億円の寄付があったと発表した。市民は匿名を希望しているとして、市は氏名や性別などは明らかにしていないが、櫓(やぐら)の復元を希望しているという。【ガン・クリスティーナ】

 上田城は、1583(天正11)年に信繁の父昌幸によって築城された。2年後の第一次上田合戦、1600…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文554文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線、運転見合わせ 線路に人、ひかれたか 熊本・新八代駅

  2. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  3. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  4. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

  5. 京都の社長、同志社大卒9年連続トップ 近畿6府県でも2位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです