メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夕暮れにゆったりハクチョウの群れ ラムサール条約登録「伊豆沼」

夕暮れの伊豆沼をゆっくりと泳ぐハクチョウたち。北帰行に備え、水面下に隠れた腹は膨らんでいるという=栗原市で2019年2月18日、山田研撮影

 冬の渡り鳥の北帰行が続いている。宮城県栗原市のラムサール条約登録湿地「伊豆沼」を18日の日暮れ時、ハクチョウの群れがゆっくりと泳いでいた。しかし、真冬ならうるさいほどの鳴き声をあげながらねぐら入りしてくるガン類は、一足早く旅立ったのかほとんど見られなかった。

 県伊豆沼・内沼環境保全財団によると、渡…

この記事は有料記事です。

残り106文字(全文256文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです