夕暮れにゆったりハクチョウの群れ ラムサール条約登録「伊豆沼」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
夕暮れの伊豆沼をゆっくりと泳ぐハクチョウたち。北帰行に備え、水面下に隠れた腹は膨らんでいるという=栗原市で2019年2月18日、山田研撮影
夕暮れの伊豆沼をゆっくりと泳ぐハクチョウたち。北帰行に備え、水面下に隠れた腹は膨らんでいるという=栗原市で2019年2月18日、山田研撮影

 冬の渡り鳥の北帰行が続いている。宮城県栗原市のラムサール条約登録湿地「伊豆沼」を18日の日暮れ時、ハクチョウの群れがゆっくりと泳いでいた。しかし、真冬ならうるさいほどの鳴き声をあげながらねぐら入りしてくるガン類は、一足早く旅立ったのかほとんど見られなかった。

 県伊豆沼・内沼環境保全財団によると、渡…

この記事は有料記事です。

残り106文字(全文256文字)

あわせて読みたい

注目の特集