メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広がる「スマートサイト」 病気で視力を失いそうな人向け 医療から福祉へ早めに橋渡し

東京都眼科医会が作成したリーフレット。当事者の声を基にQRコードを掲載した=2019年2月15日、谷本仁美撮影

 病気で視力を失いそうな人らのために眼科医が福祉などの支援情報を知らせる「スマートサイト」を取り入れる眼科医会が増えている。中途失明者は高齢者に多く、超高齢社会の日本では今後も増加が見込まれる。医療から福祉へ早めに橋渡しすることで、日常生活に支障を来さないよう生活訓練などを受けやすくする狙いがある。

 スマートサイトは視覚障害者に必要な支援がどこで受けられるかをまとめたもの。米国で始まり、日本では2010年の兵庫県眼科医会を皮切りに全国に拡大。現在、29都道府県の眼科医会が取り入れ、リーフレットやウェブサイトを作っている。

 東京都眼科医会のリーフレットでは、単独歩行や点字、調理など日常生活の不自由を解消する「生活訓練・支…

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文948文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  2. 元パラ選手マリーケ・フェルフートさん安楽死 ロンドン、リオで金含む複数メダル

  3. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  4. ORICON NEWS 道端アンジェリカ、夫の逮捕で「夫婦の形が少しずつ変わってきています」

  5. 34年目の真実 松橋事件/中 子の人生も狂わせ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです