メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天皇在位30年祝う沖縄の歌 陛下の詠まれた琉歌に皇后さまが曲 

ハンセン病療養所の入所者らと交流される天皇、皇后両陛下(当時は皇太子ご夫妻)=沖縄県名護市の国立療養所「沖縄愛楽園」で1975年7月18日

 天皇陛下の在位30年を祝う政府主催の式典が24日、東京・国立劇場で開かれる。記念演奏として沖縄県出身の人気歌手、三浦大知さんが披露する歌は、陛下の詠まれた琉歌(りゅうか)(沖縄の歌)に皇后さまが曲をつけた「歌声の響」。両陛下の国民に寄り添う思いや、沖縄の歴史に向き合ってきた歩みがうかがえる一曲だ。

 両陛下は皇太子ご夫妻だった1975年、沖縄県名護市のハンセン病療養所「沖縄愛楽園」を訪ねた。入所者は社会の差別と偏見にさらされ、強制隔離が続いていた時代。元職員の宮城彦春さん(76)は「入所者の手を取って触れ合い、いたわりの声をかけておられた」と振り返る。

 両陛下が帰ろうとする際、入所者からめでたいことを意味する船出歌「だんじょかれよし」の大合唱が起きた。この情景を陛下が後に<だんじよかれよしの歌声の響/見送る笑顔目にど残る(ダンジュカリユシヌウタグイヌフィビチ/ミウクルワレガウミニドゥヌクル)>と琉歌に詠み、園に贈った。

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文847文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  5. 住みたいのは草津 県民1位、「交通の便良く人気」 ネットアンケ /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです