メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポカポカ東海地方、各地で4月並みの陽気

春のような暖かさとなり、上着を持って歩く人たち=名古屋市中村区で2019年2月20日午後2時半、大西岳彦撮影

 本州付近を通過した低気圧が暖かい空気を運び込んだ影響で、東海地方は20日、気温が上昇し、各地で4月上~下旬並みの最高気温を観測した。名古屋駅周辺では上着を手に歩く人が目立つなど、春を思わせる一日となった。

     名古屋地方気象台によると、各地の最高気温は三重県尾鷲市で21.1度、同県熊野市で20.1度になったのをはじめ、名古屋市17.8度▽岐阜市16.7度――などとなり、47観測地点中、42地点で今年一番の暖かさとなった。

     21日の東海地方は高気圧に覆われて晴れ、気温は平年よりやや高くなる見込み。22日午後からは雨雲が入り込むという。【川瀬慎一朗】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
    2. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
    3. アポ電強盗殺人 3容疑者、愛知や兵庫の特殊詐欺に関与か
    4. イチロー、華麗な守備は健在
    5. 羽生、動きにキレ 「やりたかったことすべて達成」 世界フィギュア・公式練習

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです