メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

はやぶさ2着陸へ、初代率いた川口淳一郎さん「20年来の願いがかなう瞬間に期待」

川口淳一郎・宇宙航空研究開発機構シニアフェロー=西本勝撮影

 探査機「はやぶさ2」が22日午前、小惑星リュウグウに着陸する。リュウグウの地形はデコボコだらけで、着陸成功のためには極めて高い精度の運用が求められている。ここまで順調な旅を続けてきたはやぶさ2にとって、大きな試練となる着陸運用。世界で初めて小惑星の物質を地球に持ち帰ることに成功した先代の探査機「はやぶさ」プロジェクトを率いた川口淳一郎・宇宙航空研究開発機構(JAXA)シニアフェローから、はやぶさとはやぶさ2の着陸運用の違いや意義についてメッセージが寄せられた。

この記事は有料記事です。

残り3275文字(全文3508文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 参院選後に官邸でデキ婚発表 某方面の都合に乗っかるテレビ

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 立花N国党首vs高須院長が「ニコ生」で大激論 爆問・太田に飛び火も(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです