メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2着陸へ、初代率いた川口淳一郎さん「20年来の願いがかなう瞬間に期待」

川口淳一郎・宇宙航空研究開発機構シニアフェロー=西本勝撮影

 探査機「はやぶさ2」が22日午前、小惑星リュウグウに着陸する。リュウグウの地形はデコボコだらけで、着陸成功のためには極めて高い精度の運用が求められている。ここまで順調な旅を続けてきたはやぶさ2にとって、大きな試練となる着陸運用。世界で初めて小惑星の物質を地球に持ち帰ることに成功した先代の探査機「はやぶさ」プロジェクトを率いた川口淳一郎・宇宙航空研究開発機構(JAXA)シニアフェローから、はやぶさとはやぶさ2の着陸運用の違いや意義についてメッセージが寄せられた。

この記事は有料記事です。

残り3275文字(全文3508文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  3. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
  4. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  5. 特集ワイド ノーベル賞さえ取引材料? トランプ氏「安倍首相に推薦された」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです