メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2が降下開始、丸1日かけリュウグウ着陸へ

探査機はやぶさ2の降下開始を再開するための作業が完了したかを担当者全員で確認している様子=相模原市中央区の宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所のはやぶさ2管制室で2019年2月21日午後0時ごろ、宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所提供

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は21日、小惑星探査機「はやぶさ2」が同日午後1時15分ごろ、小惑星リュウグウへの初めての着陸に向けて降下を開始したと発表した。運用の設定などの再確認をしたため、予定よりも5時間遅い降下開始となった。

探査機「はやぶさ2」が試料採取のため着陸するときの想像図=池下章裕さん提供

 計画によると、はやぶさ2は22日午前8時ごろ、リュウグウの表面に着地し、表面の物質を採取する。降下開始が遅れたため、高度5キロまでは当初の計画よりも速度を上げて降下する。22日午前7時ごろ、高度45メートル付近に到達すると、あとは探査機に事前に送信しておいた指令に基づき、自律運転で小惑星へ着地、物質採取、上昇――という一連の動作を実施する。

はやぶさ2の着陸

 リュウグウは現在、地球から見て太陽の反対側、約3億4000万キロ離れたところにあり、地球と探査機の通信には片道約20分、往復約40分もかかる。このため、着陸前後の低い高度にいる探査機に地球から指令を出しても間に合わないため、必要な指令を事前に送信しておき、探査機をロボットのように自動運転させることにした。

探査機はやぶさ2の降下開始を再開するための作業が完了したかを担当者全員で確認している様子=相模原市中央区の宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所のはやぶさ2管制室で2019年2月21日午後0時ごろ、宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所提供

 2014年12月に打ち上げられたはやぶさ2は、今年6月27日にリュウグウへ到着した。到着後の観測の結果、リュウグウ表面は岩だらけのデコボコで、着陸に適した平らな広い領域がどこにもなかった。このため、当初予定していた昨年10月の着陸を延期し、着陸地点の選定や準備を進めていた。

 最終的に、リュウグウの赤道からやや北側に位置する半径3メートルの内側という極めて狭い領域を目指して着陸することが決まった。はやぶさ2は半径50メートルの内側に着地する精度を目指して設計されており、JAXAのプロジェクトチームは設計をはるかに上回る高い精度の運用を求められる。探査機自身が異変や危険を察知したり、計画通りの軌道で降下できなかったりした場合は、降下を中止することもあり得るという。【永山悦子】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ピエール瀧容疑者に薬物譲渡疑い、通訳業の女を逮捕
  2. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  3. 紀平猛追及ばず4位 ザギトワが優勝 フィギュア世界選手権
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. 「王子様」改名 キラキラネームなぜ? 鎌倉時代でも問題視

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです