メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

恵比寿映像祭 海外でも注目される若手日本人監督の新作を上映

三宅唱「ワイルドツアー」2018 (C)Yamaguchi Center for Arts and Media[YCAM]

 アートと映像の国際フェスティバル「恵比寿映像祭」が、東京都写真美術館(東京都目黒区)を含む五つの会場で開催されている。11回目を迎える今年は、視点や場所の移転、置換などを意味する「トランスポジション」をキーワードに、インスタレーション(空間展示)、上映、ライブパフォーマンスなど26の国・地域の72作品を紹介。映像の新たな創造性を探る。【西田佐保子】

 同映像祭では、国内外のアーティストによるフィクション、ドキュメンタリー、アニメーション、実験映像な…

この記事は有料記事です。

残り1632文字(全文1858文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです