メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アスリート交差点2020

東京前のプロ転向、金メダルのための決断 バドミントン・奥原希望の「己と向きあう」

プロ転向を宣言したバドミントン女子日本代表の奥原希望=東京都内で2018年12月27日午後2時27分、小林悠太撮影

 昨年末で約6年間お世話になった日本ユニシスを退社し、1月からプロに転向しました。メインスポンサーは化学メーカー「太陽ホールディングス」で、実業団に所属しないバドミントン日本代表は前例がありません。2020年東京五輪で何が何でも金メダルを取りたい。100%の準備をするための選択です。

 バドミントンの日本代表は年間約20の国際大会に参加しながら、その合間に国内の実業団の団体戦に出場します。例えば2月はワールドツアーのない時期でしたが、私以外の代表選手は実業団のS/Jリーグに出場しました。試合が続くため、練習することも休むこともできません。一方、海外の選手はこの時期に練習を積んで調子を上げたり、休養したりすることで国際大会にピークを合わせます。

 プロ化を考えたのは、金メダルを取れず、悔しさの残った16年リオデジャネイロ五輪の直後に右肩を痛めた…

この記事は有料記事です。

残り1088文字(全文1462文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  4. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  5. 大阪・岸和田で工場火災 8棟約2600平米焼く けが人なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです