メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アスリート交差点2020

引退で明らかに“考える野獣”の心理作戦 柔道・松本薫の「1%だから走る!!」

2010年の世界選手権女子57キロ級決勝で一本勝ちした松本薫。この階級で日本人初の頂点に立った=国立代々木競技場第1体育館で、大西岳彦撮影

 先月のレスリング女子の吉田沙保里さんに続いての引退になりました。沙保里さんはある程度自分の中で決まっていて、あとはタイミングだったと思います。私の場合は東京五輪を目指していて、「ふと来た」という感じでした。

 柔道から学んだのは忍耐と相手のことを読み取る力です。相手の体を見て、どこが弱いとか、調子の良しあしが分かるようになりました。それができるようになったのは、6歳から通っていた道場が厳しかったおかげです。怒られないようにと先生を観察しているうちに、歩く音で機嫌が良いか悪いか分かるようになり、相手をよく見る癖がつきました。

 それを応用したのが相手を自分のペースに持ち込むための「洗脳」です。私は試合前、にこにこして相手に「…

この記事は有料記事です。

残り919文字(全文1233文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. 米グーグル、年内にゲーム参入 専用機不要、業界の構図変動も
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです