メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

4月に発表される新元号、あなたならどう付ける? 「自由な発想で」「日本の古典から」

記者会見で「平成」と書かれた額を掲げて、新元号を発表する小渕恵三官房長官=首相官邸で1989(昭和64)年1月7日

 平成が終わりに近づき、4月1日には新元号が発表される。グローバル化が進んで西暦を使う機会が増えているが、日本の元号の歴史は1300年を超える。平成が選定された経緯を振り返りつつ、次にふさわしい元号を識者と探った。あなたなら、どう名付けますか? 【鈴木梢】

 平成の改元当時、元号担当の内閣官房内政審議室長だった的場順三さんは今、時の首相だった竹下登氏との秘話を明かす。代替わりからしばらくして「元号発表の記者会見は竹下先生にお願いしたらよかったですかね?」と問うと、本人から返ってきた言葉は「だわな」。

 「平成」では、政府発表の慣例に従い、スポークスマンである小渕恵三官房長官(当時)が臨んだ。書を掲げ…

この記事は有料記事です。

残り1993文字(全文2294文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  2. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  3. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  4. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
  5. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです