メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルポ

第27回「書の甲子園」 「心が洗われる」と評価 チャレンジ精神はやや後退

日本全国から高校生が集まった「書の甲子園」の会場=大阪市立美術館で3日、北田研策さん撮影

 第27回国際高校生選抜書展(主催・毎日新聞社、毎日書道会)が1月29日~2月3日、大阪市立美術館で開かれた。「書の甲子園」という愛称はすっかり定着している様子で会場を訪れた高校生の、同じ世代の作品を見つめる真摯(しんし)なまなざしが印象に残った。

   ■  ■

 今回展には、国内807団体1万4217点、海外(日本への留学生を含む)38団体241点の合計845団体1万4458点(12カ国・地域)の応募があり、入賞・入選の2067点(国内2000点、海外67点)が展示された。海外からの参加国・地域は米国、イタリア、シンガポール、韓国、台湾、チェコ、ドイツ、ノルウェー、ベトナム、ホンジュラス、マレーシア。アジア以外も含まれている。

 会場には、北海道、東北、北関東、南関東、中部北陸、東海、近畿、中国、四国、九州山口と日本全国を10…

この記事は有料記事です。

残り613文字(全文980文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです