メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
没後200年・伊能忠敬を歩く

/10 宇都宮市 もう一人の偉人、蒲生君平

宇都宮市立東小学校の校庭にある蒲生君平像=広瀬登撮影

 1800年6月13日午前8時ごろ、古河宿を出発した伊能忠敬は間々田や小山などほぼ現在のJR東北線沿いに北へ進み、同日午後6時ごろ宇都宮に到着した。「測量日記」によると、この日は天気が安定せず、朝は曇り、晴れ間が見えたかと思うと小雨が降り、夜は大雨になった。測量の精度を高めるため、忠敬は晴れていれば夜に天体観測をしているが、「日記」には記載がなく無理だったようだ。

 これまで伊能隊が北上してきた日光街道は、宇都宮で奥州街道と分かれる。伊能大図と地理院地図を比較でき…

この記事は有料記事です。

残り1445文字(全文1678文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

  5. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです