メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

没後200年・伊能忠敬を歩く

/10 宇都宮市 もう一人の偉人、蒲生君平

宇都宮市立東小学校の校庭にある蒲生君平像=広瀬登撮影

 1800年6月13日午前8時ごろ、古河宿を出発した伊能忠敬は間々田や小山などほぼ現在のJR東北線沿いに北へ進み、同日午後6時ごろ宇都宮に到着した。「測量日記」によると、この日は天気が安定せず、朝は曇り、晴れ間が見えたかと思うと小雨が降り、夜は大雨になった。測量の精度を高めるため、忠敬は晴れていれば夜に天体観測をしているが、「日記」には記載がなく無理だったようだ。

 これまで伊能隊が北上してきた日光街道は、宇都宮で奥州街道と分かれる。伊能大図と地理院地図を比較でき…

この記事は有料記事です。

残り1445文字(全文1678文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「イノシシが園内に」 台風の影響で移動か 東京・国営昭和記念公園が臨時閉園

  3. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「即位礼正殿の儀」に合わせ政令恩赦を閣議決定 対象者は55万人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです