メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

三浦文彰 新鮮な体験届けたい バイオリンでバレエダンサーと共演

バイオリニストの三浦文彰=東京・渋谷で斉藤希史子撮影

 バレエ界の重鎮マニュエル・ルグリが日本の各都市でプロデュースするダンス・コンサートに、バイオリニストの三浦文彰が出演する。「スターズ・イン・ブルー」と銘打った、世界屈指のダンサー4人と演奏家2人の「奇跡の顔合わせ」だ。年齢こそ座長ルグリの半分に満たない三浦だが、トップダンサーとは3年前にも共演済みで、「刺激的な経験」と腕を鳴らしている。ハノーバー国際バイオリンコンクールを16歳で制してから10年の節目。今回は露ボリショイ・バレエの名花オルガ・スミルノワが踊る「瀕死(ひんし)の白鳥」に合わせ、ビオラ演奏も披露する予定だ。

この記事は有料記事です。

残り844文字(全文1107文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  2. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  3. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝
  5. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです