メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人労働者

受け入れ拡大、在留資格新設 戸惑いも期待も 法務省など企業説明会 /青森

 外国人労働者の受け入れ拡大に向けて新設される在留資格「特定技能」について、法務省と県は20日、県内の企業などを対象とした説明会を青森市内で開いた。深刻な人手不足で外国人材への期待が高まるが、新制度では詳細が決まっていない部分もある。約400人の参加者からは戸惑いの声もあがった。【井川加菜美】

 この日は、受け入れを検討している企業や自治体関係者などが参加。企業の業種別では、介護が約3割を占め、農業や建設などが続いた。法務省の担当者は、新設される特定技能1号、2号の在留資格や受け入れ先となる企業の義務などについて説明した。

 ただ、質疑応答では、日本語の能力試験やトラブルが起きた際の対応など新制度への戸惑いや注文が相次いだ…

この記事は有料記事です。

残り673文字(全文986文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  3. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. 大阪の警官襲撃・拳銃強奪 33歳男逮捕 防犯カメラ、8キロ追跡 山中、リュック枕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです