メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひな菓子作り

最盛期迎える 鶴岡 /山形

 ひな祭りを控え、鶴岡市の菓子店ではひな菓子作りが最盛期に入った。同市上畑町の住吉屋菓子舗では創業以来、97年守り続ける型を使い、魚や野菜、果物をかたどった色とりどりの伝統菓子が店頭をにぎわせている。

 白あんをベースにした「練り切り」を色付けし、サクラマスの切り身の蒸し物や「口細カレイ」の焼き物など…

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文329文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 東京の感染者、新たに13人 再び2桁台に 新型コロナ

  4. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです