メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新年度当初予算案 一般会計1兆1357億円 過去2番目の大きさ(その2止) /茨城

中高一貫校5校整備 教育

 県教育委員会は2022年度までに、水戸一や土浦一などの県立10高校を中高一貫校として順次開校する。

 19年度は当初予算案に6億3600万円を計上。太田一、鉾田一、鹿島、竜ケ崎一、下館一の5校を整備し、中学生用の技術室や給食運搬用のエレベーターを設置する。20年度は水戸一、勝田、土浦一の3校、21年度は下妻一、水海道一の2校を整備する計画だ。

 高校教育課によると、6年間の一貫教育により、学業や部活動で長期間の計画が立てられるという。大学や企…

この記事は有料記事です。

残り2372文字(全文2606文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  5. 「30年間で2000万円」かけ算は間違い 厚労省が金融庁WGを“単純”と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです