メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校入試

公立高志願倍率は1.05倍 川根高に県外応募者 /静岡

 公立高校入試の願書受け付けが20日正午、締め切られた。全日制93校161科の募集定員2万683人に対し、志願者数は2万1726人で志願倍率は1・05倍だった。昨年度から生徒を全国募集している川根高(川根本町)には初めて県外から8人が応募した。県教育委員会は「広報活動の強化と町の協力が大きい」としている。

 山間部に位置する川根高は昨年度から県外生徒特色選抜として定員8人を設けたが、昨年度の応募はゼロ。そこで同校は今年度、公設民営塾や奨学金制度創設などの制度周知について首都圏で強化した。定員80人に65人が志願し、志願倍率は0・81倍で昨年度の0・58倍から大幅に改善した。

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文649文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです