メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊賀鉄道

あす忍者の日 上野市駅は「忍者市駅」、伊賀線は「忍者線」に 愛称命名記念、手裏剣形乗車券を発売 /三重

伊賀鉄道が発売する忍者市駅記念乗車券(見本)=三重県伊賀市役所で、大西康裕撮影

 忍者の日の22日、伊賀鉄道(伊賀市)の上野市駅は「忍者市駅」、伊賀線は「忍者線」とそれぞれ愛称が命名される。同社は22日午前9時から、同駅で命名記念の「手裏剣形」乗車券(縦横13・2センチ)などを発売し、記念スタンプを置く。また、同日の愛称駅名表示板の除幕式典中、忍者ショーを国内外で演じている「伊賀忍者特殊軍団 阿修羅」を市観光大使に委嘱するセレモニーもあり、駅前は忍者だらけになる。

 乗車券は「忍者市駅(上野市駅)から 大人360円区間ゆき」と印刷され、裏側は忍者列車3台の先頭の図柄の片道乗車券。販売最終日の9月30日まで有効で、初回分として500枚を発売する。

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文765文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 木村花さん自宅から遺書 警視庁、自殺図ったとみて捜査 女子プロレスラー急死

  2. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです