メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北九州市

7月からパートナーシップ制度導入 性的少数者カップル、市営住宅への入居も /福岡

 北九州市は、同性愛者ら性的少数者(LGBTなど)のカップルが、男女の結婚と同様の関係にあることを書面で示す「パートナーシップ宣誓制度」を7月に導入する方針を明らかにした。法的な効力はないが、パートナーシップ宣誓をしたカップルを市営住宅の入居対象とするなど、性的少数者の家庭生活を支援する。同様の制度は、県内では福岡市に次いで2例目。【奥田伸一】

 19日の市人権施策審議会で市が説明した。対象は、現在は法律婚が認められない同性愛者や、法律婚を希望…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文591文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. 不良集団 「半グレ」4団体トップ逮捕 大阪で摘発強化

  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです