メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎月勤労統計

不正調査 官僚忖度疑惑、再燃 首相秘書官が意見

安倍晋三首相や首相官邸への忖度が指摘された事案

 厚生労働省が2015年に設置し、「毎月勤労統計」の調査対象を総入れ替えするか、部分入れ替えにするかを議論した有識者検討会が結論を出していない中で、厚労省の担当者が検討会の座長に「委員以外の関係者の意見」として「部分入れ替えの検討」を求めるメールを送っていた。「関係者」が当時の中江元哉首相秘書官(現在は財務省関税局長)だった可能性が浮上したことで、厚労省が賃金の下振れ回避を期待する官邸の意向を忖度(そんたく)した疑いが色濃くなってきた。【神足俊輔、大久保昂、朝日弘行】

 この検討会は「毎月勤労統計の改善に関する検討会」で、15年6~9月に計6回開かれた。同統計は当時、…

この記事は有料記事です。

残り917文字(全文1203文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 政治 交わらない枝野氏と玉木氏 自民「1強」の責任、野党にも
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです