メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

虐待対応 繰り返すミス 専門家育たぬ児相 経験や知識を軽視=論説委員・野沢和弘

 どうして児童相談所(児相)は子どもの命を救えないのか。千葉県野田市の小学4年女児、東京都目黒区の5歳女児のケースは、いずれも児相が一時保護を解除した後、父親から虐待を受けて死亡したとされる。致命的な判断ミス、怠慢を繰り返す背景には慢性的な児相の人員不足、経験の浅い職員が難しい相談に対応している実態がある。専門職として職員のスキルを高め、それを現場に蓄積するための制度改革が必要だ。

この記事は有料記事です。

残り2026文字(全文2218文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  5. 情熱大陸 世界の深海に挑む美しき人魚姫 世界新記録を持つフリーダイバー・木下紗佑里に密着!

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです