メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

虐待対応 繰り返すミス 専門家育たぬ児相 経験や知識を軽視=論説委員・野沢和弘

 どうして児童相談所(児相)は子どもの命を救えないのか。千葉県野田市の小学4年女児、東京都目黒区の5歳女児のケースは、いずれも児相が一時保護を解除した後、父親から虐待を受けて死亡したとされる。致命的な判断ミス、怠慢を繰り返す背景には慢性的な児相の人員不足、経験の浅い職員が難しい相談に対応している実態がある。専門職として職員のスキルを高め、それを現場に蓄積するための制度改革が必要だ。

 二つの虐待事件を受けて、政府が打ち出した改善策の柱は、児相で働く職員の大幅増員、経験の浅い職員を指導できるスーパーバイザーの配置だ。体罰の禁止を法律に盛り込むことも検討されている。

 また、超党派議連は児相に常勤の弁護士と医師の配置の義務づけ、中核市と東京23区に児相を必ず設置すること、児童福祉司の国家資格化などを提案している。

この記事は有料記事です。

残り1861文字(全文2218文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. スイッチとセットの「リングフィット アドベンチャー」 11月20日発売へ 任天堂

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  4. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです