メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

災害関連死、事例データ化を=岡本正・銀座パートナーズ法律事務所代表弁護士

 災害による直接死以外で、災害との因果関係がある死を災害関連死という。避難生活の影響で心身の調子を崩したり、既往症が悪化したりして亡くなるケースが代表例だ。

 東日本大震災で3701人、熊本地震では218人を数える。災害関連死に認定されることは、不可抗力の災害が原因で亡くなったという側面がある点で、残された家族の心の負担が軽減される場合がある。直接死同様に災害弔慰金が支払われるので生活再建にもつながる。

 災害関連死は救えたはずの命だ。その数を減らすことは、防災・減災施策の中心に位置づけられなければなら…

この記事は有料記事です。

残り975文字(全文1227文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 南海トラフ地震 津波3メートル以上、10都県 30年以内、発生確率26%以上

  4. こんな手口聞いたことない 認知症の高齢者から自宅聞き出し、貴金属業者呼んで強盗

  5. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです