メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一点張り・論説室から

外国人労働者と共生探る自治体=伊藤正志

 外国人労働者の受け入れ拡大は評価できる。だが、政府が示した政策の全体像が見えず、不安が残る。会議はそんな空気に満ちていた。

 外国人が多く住む地方自治体で作る外国人集住都市会議の年1度の総会を兼ねたシンポジウムが先月末、群馬県太田市で開かれた。

 改正入管法に基づく、新たな在留資格「特定技能」の労働者受け入れが4月から始まる。どう外国人を受け入れ、共生社会を築いていくのか。シンポジウムの壇上には、自治体の首長と法務省入国管理局長ら政府関係者がそろった。

 政府は昨年末、医療や生活サービスなど126項目に及ぶ外国人支援のための「総合的対応策」をまとめた。…

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文912文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです