メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一点張り・論説室から

外国人労働者と共生探る自治体=伊藤正志

 外国人労働者の受け入れ拡大は評価できる。だが、政府が示した政策の全体像が見えず、不安が残る。会議はそんな空気に満ちていた。

 外国人が多く住む地方自治体で作る外国人集住都市会議の年1度の総会を兼ねたシンポジウムが先月末、群馬県太田市で開かれた。

 改正入管法に基づく、新たな在留資格「特定技能」の労働者受け入れが4月から始まる。どう外国人を受け入れ、共生社会を築いていくのか。シンポジウムの壇上には、自治体の首長と法務省入国管理局長ら政府関係者がそろった。

 政府は昨年末、医療や生活サービスなど126項目に及ぶ外国人支援のための「総合的対応策」をまとめた。その目玉が全国100の自治体に設置を目指すワンストップの相談センターだ。20億円の予算が措置された。

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文912文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです