メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一点張り・論説室から

外国人労働者と共生探る自治体=伊藤正志

 外国人労働者の受け入れ拡大は評価できる。だが、政府が示した政策の全体像が見えず、不安が残る。会議はそんな空気に満ちていた。

 外国人が多く住む地方自治体で作る外国人集住都市会議の年1度の総会を兼ねたシンポジウムが先月末、群馬県太田市で開かれた。

 改正入管法に基づく、新たな在留資格「特定技能」の労働者受け入れが4月から始まる。どう外国人を受け入れ、共生社会を築いていくのか。シンポジウムの壇上には、自治体の首長と法務省入国管理局長ら政府関係者がそろった。

 政府は昨年末、医療や生活サービスなど126項目に及ぶ外国人支援のための「総合的対応策」をまとめた。…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 山頂に沈む満月 令和初の「パール槍ケ岳」
  4. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです