特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

記者の目

ナマハゲ ユネスコ無形文化遺産 観光と伝統、両立モデルに=川口峻(秋田支局)

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ユネスコ登録後初めての大みそかに、地区を回り家内で酒を振る舞われるナマハゲ=秋田県男鹿市で2018年12月31日、川口峻撮影
ユネスコ登録後初めての大みそかに、地区を回り家内で酒を振る舞われるナマハゲ=秋田県男鹿市で2018年12月31日、川口峻撮影

 秋田県の「男鹿のナマハゲ」を含む8県10件の伝統行事が昨年11月、「来訪神(らいほうしん) 仮面・仮装の神々」として国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された。住民たちは人口が急速に減少する地方で伝統行事を維持する難しさに正面から向き合っている。全国各地の伝統行事をどのように引き継いでいくべきなのか、ナマハゲを通して考えたい。

 「男鹿のナマハゲ」は男鹿半島に200年以上根付く伝統行事だ。赤色や青色の鬼のような面にわらを身に着けた姿で、大みそかに家々を回り福をもたらす。荒々しいイメージを持つ人も多いと思うが、地元住民にとっては身近な人たちがふんした厄払いの神様だ。地域の家々では「ナマハゲが来ないと年を越せない」とごちそうや酒を用意し、もてなしてきた。

この記事は有料記事です。

残り1701文字(全文2038文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集