メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

ナマハゲ ユネスコ無形文化遺産 観光と伝統、両立モデルに=川口峻(秋田支局)

ユネスコ登録後初めての大みそかに、地区を回り家内で酒を振る舞われるナマハゲ=秋田県男鹿市で2018年12月31日、川口峻撮影

 秋田県の「男鹿のナマハゲ」を含む8県10件の伝統行事が昨年11月、「来訪神(らいほうしん) 仮面・仮装の神々」として国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された。住民たちは人口が急速に減少する地方で伝統行事を維持する難しさに正面から向き合っている。全国各地の伝統行事をどのように引き継いでいくべきなのか、ナマハゲを通して考えたい。

 「男鹿のナマハゲ」は男鹿半島に200年以上根付く伝統行事だ。赤色や青色の鬼のような面にわらを身に着…

この記事は有料記事です。

残り1815文字(全文2038文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです