メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

メディアの資本や人脈の右傾化は?=倉橋耕平・社会学者

 毎日新聞1月16日朝刊のオピニオン面「論点 言論の『右傾化』」は、月刊誌「新潮45」の休刊やいわゆる「ヘイト本」のベストセラー現象に呼応して組まれ、大学教員や書店員3人が登場した。新聞が雑誌ジャーナリズムなどの状況ににらみをきかせることは、まさに「論壇」的な事象であり、歓迎すべきことだ。

 しかし、いずれも言論の移り変わりと社会背景に着目するばかりで、メディアそのものの変化に関わる着眼点が薄いのが残念だ。メディア論が専門の私には、「右傾化」を考えるために言論を存在させる「姿かたち」であるメディアの変化という観点が必要だと思われる。

 ロイターは1月25日に「焦点:『慰安婦』など表記変更 ジャパンタイムズで何が起きたか」との記事を配…

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文858文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  4. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  5. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです