メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

「サウジへ原発」画策 トランプ政権のフリン元補佐官ら

 【ワシントン古本陽荘】米下院監視・政府改革委員会は19日、トランプ政権の前高官らが政府内の異論を無視する形でサウジアラビアに原発を輸出しようとしていたとの報告書を公表した。報告書は民主党のカミングス委員長らが匿名の情報提供者の話などからまとめた。

 それによると、トランプ政権発足時の国家安全保障問題担当のフリン大統領補佐官がサウジへの原発輸出の推進役だった。フリン氏は大統領選挙中の2016年に原発輸出会社の関連会社の顧問の立場にあり、利益相反の恐れがあった。

 また、国家安全保障会議(NSC)で中東・北アフリカ担当だったハービー上級部長は、サウジへの輸出方針…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文606文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号で浸水の北陸新幹線 120両が心臓部被害で廃車か 被害額は330億円

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです