メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米アイロボットCEO

整頓ロボ「10年以内に」 アームでつかんで元の場所

インタビューに応じる米アイロボットのコリン・アングル最高経営責任者(CEO)=東京都千代田区で2019年2月19日、今村茜撮影

 ロボット掃除機「ルンバ」で知られる米アイロボットのコリン・アングル最高経営責任者(CEO)は毎日新聞のインタビューに、アーム付き整頓ロボットを今後5~10年以内に実用化する方針を明らかにした。実現すれば片付けから床掃除まで自動化できて、家事の大幅な軽減につながる。同社によると、アングル氏がアーム付きロボットの開発スケジュールに言及するのは初めて。【今村茜】

 アイロボットは、自動で床のごみを集めるルンバと、付属の布で床を拭く「ブラーバ」を販売しているが、使…

この記事は有料記事です。

残り1022文字(全文1252文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  2. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  3. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  4. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  5. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです