メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

草野耕一さん=最高裁判事に就任した「交渉のプロ」

最高裁判事に就任し、記者会見であいさつをする草野耕一氏=東京都千代田区の最高裁で2019年2月13日、竹内紀臣撮影

草野耕一(くさの・こういち)さん(63)

 数学やゲーム理論を駆使した交渉術で知られる異色の弁護士から転身した。「交渉も裁判も『公正の最大化』を目指すのは変わらない。朝から晩まで頭を使って同僚と議論したい」と意気込む。

 国際企業取引の仕事に憧れ、西村真田(現・西村あさひ)法律事務所に入所。米国の投資家がトヨタ自動車の部品供給先に敵対的買収を仕掛けた「小糸製作所事件」(1989年)で企業防衛に成功するなど、数々の大型案件を扱ってきた。

 趣味は勉強。英語やラテン語を学ぶ中で説得や交渉術に関心を持った。日露戦争など史実を例に交渉術を類型…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文679文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  2. 宮崎で竜巻か 車が横転、屋根も飛ぶ 5510戸が停電

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  4. 新宿・歌舞伎町 ホストの街に散る命--事件記者ルポ

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです