メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

AI開発競争の「月面着陸」=パロアルトインサイトCEO・石角友愛

 トランプ米大統領は11日、「アメリカンAI(人工知能)イニシアチブ」という大統領令に署名した。AI研究分野に対する政府の予算を今後拡充し、最優先事項にすることを示した。これは、2030年までにAI国家を目指すと宣言している中国への対抗策であり、大統領令が出たことで米中のAI開発競争の構図がより明確になった。

 米国にいながら、中国人のAI研究者やエンジニアと話していると、その熱気に驚くことが多い。この米中のAI開発でのしのぎを削る競争はよくスプートニク・ショックに例えられる。1957年にソ連が世界初の人工衛星打ち上げに成功したことで、米国は科学技術大国としての自負を傷つけられ、大きなショックを受けた。政府はその翌年に米航空宇宙局(NASA)や米国防高等研究計画局(DARPA)を作り、61年には当時のジ…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文719文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米感染者2500万人超す 死者は41万人超 いずれも世界最多

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. ORICON NEWS 香取慎吾、『おはスタ』5年ぶり出演で笑顔「おーはー」「おっはー」 瑛人の「香水」歌い出す

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ワクチン接種割り込み、スペイン軍トップが辞任 優先順位に反し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです