メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第73回毎日映画コンクール

特別賞 戸田奈津子さんの軌跡 洋画へ橋渡し40年

「これからは、大好きな映画をもっともっと楽しみながら仕事をしていきたい。映画を見たあとに余韻を味わえる作品、心に残る映画にたくさん出会いたいと思っています」と話す戸田奈津子さん=内藤絵美撮影

 「第73回毎日映画コンクール」の表彰式が14日に行われ、映画字幕翻訳家の戸田奈津子さん(82)に特別賞が贈られた。映画字幕の第一人者として約40年にわたって活躍、これまで1500本以上の作品の字幕を手がけてきた。戸田さんは来日するスターや有名監督から名指しで通訳を依頼されることも多い。映画字幕は黒衣だが、観客が映画を理解するための橋渡しとなる重要な仕事で、今もばりばりの現役だ。映画字幕の楽しさと極意、映画にささげた人生について語ってくれた。【鈴木隆】

 戸田さんが映画の日本語字幕を本格的に担当するきっかけになったのは「地獄の黙示録」(1980年日本公…

この記事は有料記事です。

残り2087文字(全文2365文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水がなくてもポリ袋で簡単調理

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです