メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
スリングで赤ちゃんを抱っこし、店頭に立つ子連れ出勤のスタッフら=東京都渋谷区のモーハウス青山ショップで

 託児施設のない職場に子どもを連れて行く「子連れ出勤」を巡る論議が再燃している。国が後押しする考えを示し、ツイッターなどで「まずは保育園の充実を」と批判が上がったが、歓迎する声もある。「子連れ出勤」の課題と可能性を探った。

 「子連れ出勤」の論議は、歌手のアグネス・チャンさんがテレビ局などに子連れで出勤して賛否を呼んだ「アグネス論争」(1987~88年)など古くて新しい。再燃のきっかけは宮腰光寛少子化担当相の発言だった。

 宮腰担当相は1月15日、茨城県つくば市の授乳服メーカー「モーハウス」を訪ね、赤ちゃんを抱っこして働…

この記事は有料記事です。

残り1993文字(全文2254文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  2. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. 家裁送致 放火容疑中学生を窃盗で 地検 /熊本

  5. 相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです