メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

日本人の祖先渡来、3万年前の謎 今夏「沖縄ルート」航海挑戦

 3万年前に大陸から渡ってきた日本人の祖先の航海を科学的に検証する国立科学博物館などのプロジェクトが大詰めを迎えている。石器で作った丸木舟で今夏、渡来ルートのうち黒潮が流れる最難関、台湾-沖縄・与那国島間の航海再現に挑む。【大場あい】

 ●黒潮を横切る難関

 現在の人類は、顔つきや体格などに違いはあっても、全員「ホモ・サピエンス」という種に属する。約20万年前にアフリカで誕生し、世界中に移動して広まったと考えられている。

 日本人の祖先が大陸を経由して列島にやってきたのは3万年以上前とされる。遺跡調査などから、有力な渡来…

この記事は有料記事です。

残り1472文字(全文1732文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国、新型肺炎の厳戒下で春節 30億人移動の大型連休始まる

  2. 月経周期の平均日数は年齢とともに変化 国立成育医療研究センターが発表

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです