メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊アマ野球

小宮山改革「一球に集中」 母校・早大に喝「緊張感を」 創部118年、名門再建へ 監督に聞く

基本徹底、効率的に

 プロでの経験も豊富な早大の小宮山監督に指導方針や目指す野球部像を聞いた。

 --就任して選手に伝えたことは。

 ◆早大野球部員として何をしなければならないのかを考えろということ。一般学生と同じような感覚で4年間を過ごしたい気持ちも分からなくもない。だが、そういう場所ではないことを理解した上でユニホームを着られるかどうか。何かを犠牲にしなければ何も得られない。4年間、どれだけ自分に負けずに打ち破れたかということが次につながる。

この記事は有料記事です。

残り1093文字(全文1315文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです