メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊アマ野球

小宮山改革「一球に集中」 母校・早大に喝「緊張感を」 創部118年、名門再建へ

練習中に厳しい視線を送る小宮山悟監督(左)

 プロ野球・ロッテなどで投手として活躍し、米大リーグでもプレーした小宮山悟氏(53)が1月、母校・早大の野球部監督に就任した。東京六大学リーグ最多タイ45回の優勝を誇るものの、2015年秋を最後に優勝から遠ざかる早大。1901年創部の伝統校の再建を託された小宮山新監督の改革を追った。【真下信幸】

 西東京市の早大安部球場で2月5日午後、行われた1、2年生の練習中だった。小宮山監督がシートノックを終えた選手たちの輪に険しい表情で近づいていった。「子供じゃないんだから何度も同じことを言わせるな」。緊張感に欠けた練習を厳しく戒めた。

 この日、野手陣に軽率なミスが目立った。同じく休み明けだった過去の練習で精彩を欠いたプレーが多かった…

この記事は有料記事です。

残り835文字(全文1150文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです