中江・首相元秘書官「部分入れ替えはある」 勤労統計対象で厚労省幹部に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 厚生労働省の検討会が2015年、毎月勤労統計の調査対象事業所の入れ替え方法を議論した際、中江元哉首相秘書官(当時)が厚労省の姉崎猛統計情報部長(同)に「コストの問題より、実態をタイムリーに表すという観点からは部分入れ替えという考えもあるのではないか」と伝えていた。検討会は調査を担う都道府県の負担を考慮し、総入れ替え方式維持に傾いていたが、同年9月14日の両氏の会談後、中間的整理で結論を見送った。

 厚労省の藤沢勝博政策統括官が21日午前の衆院予算委員会で、姉崎氏に確認した内容として明らかにした。立憲民主党会派の小川淳也氏の質問に答えた。

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文600文字)

あわせて読みたい

ニュース特集