メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

3分遅刻の結果は5時間中断 桜田氏「心から深くおわび」 衆院予算委

自身の遅刻により野党の反発を招き休憩が続く衆院予算委員会で、議員たちがいない委員会室で再開を待つ桜田義孝五輪担当相=国会内で2019年2月21日午後1時53分、川田雅浩撮影

 桜田義孝五輪担当相は21日の衆院予算委員会に約3分遅刻した。野党が猛反発して審議は中断し、昼を挟んで約5時間後にようやく再開した。再開後の委員会で、桜田氏は「前の質疑が中断して、時間の間隔をちょっと間違ってしまった」と説明したうえで、「皆様に大変ご迷惑をおかけし、心から深くおわびする」と陳謝した。

 桜田氏は午前10時15分から立憲民主党会派の今井雅人氏の質問に答弁することになっていた。しかし、今井氏の順番になっても桜田氏が現れなかったため、野党議員は退席し、予算委は休憩になった。休憩中の与野党協議で、桜田氏が謝罪することや28日に予算委で集中審議を行うことで合意したことを受け、野党は審議復帰を決定。予算委は午後3時過ぎに再開した。

 菅義偉官房長官は記者会見で「委員会に遅れることはあってはならないことだ」と述べた。また、予算委の再開直後、野田聖子委員長(自民)は「委員会の運営に大きな支障が生じた。強い遺憾の意を表明する」と語った。

 桜田氏は12日に競泳の池江璃花子選手の白血病を巡る発言で批判を浴び、撤回したばかり。与党からも懸念の声が上がっており、公明党の北側一雄副代表は会見で「閣僚はもっと緊張感を持って対応してもらいたい」と苦言を呈した。

 野党は桜田氏の閣僚辞任を求めており、共産党の志位和夫委員長は会見で、桜田氏が五輪の根本原則を定めた五輪憲章を読んでいないと明かした点も挙げて「即刻罷免すべきだ」と語った。【影山哲也】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役
  2. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  3. 大阪・岸和田で工場火災 8棟約2600平米焼く けが人なし
  4. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  5. 全国高校eスポーツ選手権 大黒柱はLOL初の高校生プロゲーマー 初代王者狙う学芸大付国際

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです