メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄県民投票 公明、静観の構え 党本部と県本部の「ねじれ」継続懸念

沖縄の米軍基地問題に対する公明党本部と沖縄県本部の立場

 公明党が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、埋め立ての賛否を問う県民投票(24日投開票)の行方に気をもんでいる。辺野古移設を容認する党本部と県外移設を求める県本部は「ねじれ」ており、県民投票の結果が反対多数になれば、ねじれの解消がますます遠のきかねないからだ。4月の衆院沖縄3区補選や夏の参院選への影響を懸念する声も出ている。

 「県民投票の結果は受け止めないといけないが、危険な基地を解消する大事な課題がある」。公明党の北側一…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  3. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
  4. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  5. 特集ワイド ノーベル賞さえ取引材料? トランプ氏「安倍首相に推薦された」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです