メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田畑毅氏離党、自民が了承 党執行部、「魔の3回生」に苦慮

田畑毅衆院議員=名古屋市の愛知県庁で2017年10月3日、斎川瞳撮影

 自民党は21日の党紀委員会で、女性関係を巡るトラブルを理由に田畑毅衆院議員(46)=比例代表東海ブロック、当選3回=が提出していた離党届を受理することを決めた。田畑氏を巡っては、交際していた女性が準強制性交容疑の告訴状を愛知県警に提出。与野党から議員辞職を求める声があがっている。同党では、2012年衆院選で初当選した当選3回の衆院議員によるトラブルが多発しており、執行部は苦慮している。

 「皆さんにいろいろな面でご迷惑をかけ、大変残念。責任者として本当に申し訳なく思っている」。田畑氏が所属する党二階派の二階俊博幹事長は21日、党紀委に先立つ派閥会合で陳謝した。田畑氏は12年衆院選の初当選組。同期の議員は過去に問題発言やトラブルを頻繁に起こしており、「魔の3回生」と呼ばれている。

 執行部は、田畑氏の早期の離党で同党への影響を最小限にとどめたい考えだ。しかし、野党は「離党では済まない問題で、本人が身の処し方を決めるべきだ」(国民民主党の大塚耕平代表代行)と議員辞職を求めて攻勢を強めている。

 一方、与党もこの問題が長引き、来年度予算案審議や春の統一地方選に与える影響を懸念している。田畑氏の地元の自民党愛知県連の藤川政人会長は21日、「決して許されるものではなく、到底看過できない」とし、議員辞職を求める上申書を党本部に提出。林幹雄幹事長代理は「議員辞職は田畑氏本人が結論を出すことだ」と述べるにとどめた。【竹内望】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  3. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  4. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)
  5. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです