メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪市長「大きな活性化になる」 F1レース誘致構想

吉村洋文大阪市長

 大阪市の吉村洋文市長は21日、2025年大阪・関西万博の会場となる人工島・夢洲(ゆめしま)(大阪市此花区)の跡地利用について「大阪F1グランプリ(GP)を実現したい」との考えを示した。モータースポーツの最高峰F1のレースを誘致し、万博後に夢洲の公道で行うアイデアで、来年度から耐久性の高い道路整備を見据え、調査を始める。

 記者会見で構想を語った。F1の誘致は、同じ夢洲で24年度の開業を目指すカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致実現が前提。吉村市長は、公道でのレースには法改正が必要との認識を示しつつ、「世界中から多くの人が夢洲でIRを楽しみ、バックには海岸線があって、六甲の山々がある中でF1が走り抜けている姿は、大阪の大きな活性化になるんじゃないか。ここにしかない最高のエンターテインメントエリアにしたい」と夢を…

この記事は有料記事です。

残り84文字(全文445文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  2. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. 相模原殺傷事件 植松被告、控訴取り下げへ 「死を受け入れているわけではない」

  5. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです