メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU大統領、英国の離脱日延期の可能性示唆 「合意なき離脱より良い」

欧州連合(EU)離脱を巡り会談に臨むメイ英首相(左)とユンケル欧州委員長=ブリュッセルで20日、AP

 【ブリュッセル八田浩輔、ロンドン矢野純一】英国のメイ首相は20日、欧州連合(EU)からの離脱案についてユンケル欧州委員長とブリュッセルで会談した。最大の懸案となっているアイルランドを巡る国境管理問題が交渉の焦点だったが具体的進展はなく、両首脳は月内に再度会談することを確認した。

 一方、トゥスク欧州理事会常任議長(EU大統領)は同日、ポーランドの民放テレビ「TVN24」で「英国が賢明な選択肢を準備できないのであれば交渉延長の可能性はある。『合意なき離脱』より良いだろう」と話し、3月29日の離脱日の延期もあり得るとの考えを示した。

 交渉の焦点は、EU加盟国アイルランドと英領北アイルランドの国境管理を巡る問題。メイ英政権とEUは昨…

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文757文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです