メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島中央署の金庫から8500万円盗難 事件後死亡の男性警察官関与か

金庫から現金が盗まれる事件があった広島県警広島中央署=広島市中区基町で2018年5月7日午後3時13分、小山美砂撮影

 広島県警広島中央署(広島市中区)で広域詐欺事件の証拠品として金庫に保管されていた現金8572万円が盗まれた事件で、県警が事件後に死亡した30代の男性警察官について、窃盗の疑いで書類送検する検討に入ったことが捜査関係者への取材で明らかになった。男性は詐欺事件の捜査に携わっており、窃盗事件後に多額の借金を返済していた。男性は生前、県警の事情聴取に対し関与を否定しており、県警は慎重に裏付け捜査を進めている。

 一方、県警は管理責任を問い、広島中央署長ら関係者の処分も検討している。

この記事は有料記事です。

残り912文字(全文1151文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  2. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. 岩手県立病院の女性臨時職員がマスク無断で持ち出しフリマアプリで転売 二戸

  5. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです