メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食道がんに光免疫療法の治験開始へ がん研東病院

 国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)は21日、近赤外光を使ったがん治療法「光免疫療法」による食道がんを対象にした臨床試験(治験)を始めることを明らかにした。患者の登録を3月にも開始する。これまでの光免疫療法の治験は頭頸(とうけい)部がんが対象で、他の部位では初めて。

     今回の治験は、医師が自ら計画して実施する。対象は既存の治療では効果がないと判断され、転移がなく比較的全身状態が良い食道がん患者数人程度。主に安全性を確認する。

     光免疫療法は、がん細胞に結びつく薬剤を投与し、がんの部位に光を当ててがん細胞を破壊する。薬は主にがん細胞にしかくっつかず、光が当たらなければ反応しないため副作用が少なく、ピンポイントでがん細胞を攻撃できる特徴がある。頭頸部がんについては、世界10カ国で承認に向けた最終段階の治験が始まっている。

     同病院の土井俊彦副院長は「食道がんには、頭頸部がんの治験で使っている薬が結びつくタイプがあり、効果を期待できる可能性がある。効果が確認されれば、高齢者や他に病気を抱えていて手術が難しい患者への適用が検討できるかもしれない」と話す。【永山悦子】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
    2. アクセル決めた!紀平、笑顔のフィニッシュで220点台
    3. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
    4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
    5. チチロー「いつか来る日が来てしまった」 孤高の天才支えた父や妻

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです