ホワイトライオンの赤ちゃん2頭が到着 成田空港

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ホワイトライオンの赤ちゃん2頭が20日夕、航空機で成田空港(千葉県成田市)に到着した。南アフリカ・ヨハネスブルクからカタール・ドーハで乗り継ぎの航空機に乗せ、約21時間かけてやって来た。

 オスは昨年11月6日生まれ、メスは同11月2日生まれで、いずれも全身が白く、体重17キロ。南アフリカの施設で人工哺育されていた。

 2頭は長旅の疲れも見せず、一緒に入るおり(高さ72センチ、幅75センチ、奥行き87センチ)の中を動き回った。1頭が両脚で別の1頭をたたいたり、前脚で耳の後ろをなでたりしてじゃれ合い、仲の良い様子。牛乳の入った哺乳瓶を見ると、2頭は高い声で「アゥーン」と鳴いた。メスは勢い良く吸い付き、牛乳約200ミリリットルをすぐに飲み終えた。元気いっぱいのメスは「もっとほしい」と、飲んでいる途中のオスの横から哺…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文587文字)

あわせて読みたい

注目の特集