メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新元号、記者が大胆に8案に絞る 未採用案500超から今の選考基準で

新元号の有力候補は?

 新元号(4月1日公表)はどんなものになるのか。政府は漢籍などに詳しい学者の案から決めるが、以前の候補が再浮上して決まる例も多い。「明治」も実はその一つだ。平安期以降に候補となり日の目を見なかった案は500を超す。そこから記者が今の選考基準で大胆に絞り込んでみると――。【山口知、桐野耕一】

 政府は元号について選定基準となる「要領」を設けている。元号の要件は▽漢字2字で良い意味を持つ▽書きやすく読みやすい▽過去の元号などに使われていない▽俗用されていない――など。要領にはないが、近年の元号との混乱を避けるためアルファベットの頭文字はM(明治)、T(大正)、S(昭和)、H(平成)を避けるとみられる。

 平安~江戸期の改元では菅原家など学識の名高い家が案を出し、公家による「難陳」と呼ばれる議論を経て天…

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1228文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  4. 近畿、中国、四国も、最も遅い梅雨入り
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです