メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リュウグウ着陸に向けた降下を継続 上空5キロのデータ判断

探査機はやぶさ2の降下開始を再開するための作業が完了したかを担当者全員で確認している様子=相模原市中央区の宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所のはやぶさ2管制室で2019年2月21日午後0時ごろ、宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所提供

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は21日午後7時10分、探査機「はやぶさ2」の小惑星リュウグウへの着陸に向けた降下を継続することを決めた。はやぶさ2は、着陸までに降下を続行できるかどうかを確認するポイントがあり、今回はリュウグウの上空5キロ地点のデータを基に判断した。今後、はやぶさ2は減速して徐々にリュウグウへ近付いていく。はやぶさ2は22日午前8時ごろにリュウグウへ着陸する予定。

 また、この日の降下開始が計画の午前8時過ぎから午後1時15分に約5時間遅れたのは、降下準備のプログ…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文485文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. ORICON NEWS クミコ「妻が願った最期の『七日間』」著名人26人から共感の声 大竹しのぶ、井上芳雄、谷川俊太郎ら

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです