メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

リュウグウ着陸に向けた降下を継続 上空5キロのデータ判断

探査機はやぶさ2の降下開始を再開するための作業が完了したかを担当者全員で確認している様子=相模原市中央区の宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所のはやぶさ2管制室で2019年2月21日午後0時ごろ、宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所提供

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は21日午後7時10分、探査機「はやぶさ2」の小惑星リュウグウへの着陸に向けた降下を継続することを決めた。はやぶさ2は、着陸までに降下を続行できるかどうかを確認するポイントがあり、今回はリュウグウの上空5キロ地点のデータを基に判断した。今後、はやぶさ2は減速して徐々にリュウグウへ近付いていく。はやぶさ2は22日午前8時ごろにリュウグウへ着陸する予定。

 また、この日の降下開始が計画の午前8時過ぎから午後1時15分に約5時間遅れたのは、降下準備のプログ…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文485文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. ORICON NEWS 島耕作、会長退任で相談役就任 「役職は永遠のネタ」とネット上話題

  5. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです