メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

リュウグウ着陸に向けた降下を継続 上空5キロのデータ判断

探査機はやぶさ2の降下開始を再開するための作業が完了したかを担当者全員で確認している様子=相模原市中央区の宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所のはやぶさ2管制室で2019年2月21日午後0時ごろ、宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所提供

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は21日午後7時10分、探査機「はやぶさ2」の小惑星リュウグウへの着陸に向けた降下を継続することを決めた。はやぶさ2は、着陸までに降下を続行できるかどうかを確認するポイントがあり、今回はリュウグウの上空5キロ地点のデータを基に判断した。今後、はやぶさ2は減速して徐々にリュウグウへ近付いていく。はやぶさ2は22日午前8時ごろにリュウグウへ着陸する予定。

 また、この日の降下開始が計画の午前8時過ぎから午後1時15分に約5時間遅れたのは、降下準備のプログラムを動作させたところ、位置情報が想定と異なっていたことが原因だったと明らかにした。

 異常確認後、探査機が正常であることを確認し、プログラムを動作させるタイミングが影響していたことが判明したため、タイミングを修正した。また、当初の着陸計画に合わせるため、降下速度を計画の秒速40センチから同90センチに速めたが、事前の地上訓練で同程度の高速での降下を実施していたことを踏まえ、速度アップを決断したという。

 次の着陸継続の可否を判断するのは、22日午前6時10分ごろの予定。【永山悦子】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 盛岡の40代同性カップルがフォトウエディング 企画の団体「地方まだ理解進んでいない」
  3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  4. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選
  5. 奈良の6人死亡バイク事故 死亡した少年1人を書類送検へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです