メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」

探査機はやぶさ2のサンプラーの開発に携わった橘省吾・東京大教授=東京都文京区で2018年10月、永山悦子撮影

 小惑星探査機「はやぶさ2」が22日午前、小惑星リュウグウへの着陸に挑む。リュウグウはまんべんなく岩に覆われ、着陸が非常に難しい地形。昨年10月に予定していた着陸を4カ月延期し、半径わずか3メートルの円内という狭い領域を目指すことになった。なぜそこまで難しい着陸に挑むのか。それは、太陽系の起源を探る貴重なリュウグウの物質を地球へ持ち帰るためだ。【永山悦子】

 はやぶさ2の試料採取法は、基本的に先代の探査機「はやぶさ」の方法を踏襲している。探査機の下部に筒状…

この記事は有料記事です。

残り2079文字(全文2308文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 望月がジュニア世界1位 現行制度下では日本勢初
  5. ガンダム 「0080」のNT-1のガンプラがクリアカラーに 内部フレームが見える アーマー着脱も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです