メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」

探査機はやぶさ2のサンプラーの開発に携わった橘省吾・東京大教授=東京都文京区で2018年10月、永山悦子撮影

 小惑星探査機「はやぶさ2」が22日午前、小惑星リュウグウへの着陸に挑む。リュウグウはまんべんなく岩に覆われ、着陸が非常に難しい地形。昨年10月に予定していた着陸を4カ月延期し、半径わずか3メートルの円内という狭い領域を目指すことになった。なぜそこまで難しい着陸に挑むのか。それは、太陽系の起源を探る貴重なリュウグウの物質を地球へ持ち帰るためだ。【永山悦子】

 はやぶさ2の試料採取法は、基本的に先代の探査機「はやぶさ」の方法を踏襲している。探査機の下部に筒状(長さ約1メートル、直径約20センチ)の採取装置(サンプラーホーン)がついており、この「1本脚」の先端でリュウグウの表面に触れる。はやぶさ2の開発期間が限られていたことと、表面の状況が分かっていない未知の天体へ着陸するには「1本脚」をピンポイントで接地させるのが合理的と考えられるためという。

この記事は有料記事です。

残り1933文字(全文2308文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. 住みたいのは草津 県民1位、「交通の便良く人気」 ネットアンケ /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです