特集

はやぶさ2

探査機「はやぶさ2」がリュウグウで試料を採取して持ち帰る6年の旅を完遂。分析や次のミッションを解説。

特集一覧

はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
探査機はやぶさ2のサンプラーの開発に携わった橘省吾・東京大教授=東京都文京区で2018年10月、永山悦子撮影
探査機はやぶさ2のサンプラーの開発に携わった橘省吾・東京大教授=東京都文京区で2018年10月、永山悦子撮影

 小惑星探査機「はやぶさ2」が22日午前、小惑星リュウグウへの着陸に挑む。リュウグウはまんべんなく岩に覆われ、着陸が非常に難しい地形。昨年10月に予定していた着陸を4カ月延期し、半径わずか3メートルの円内という狭い領域を目指すことになった。なぜそこまで難しい着陸に挑むのか。それは、太陽系の起源を探る貴重なリュウグウの物質を地球へ持ち帰るためだ。【永山悦子】

 はやぶさ2の試料採取法は、基本的に先代の探査機「はやぶさ」の方法を踏襲している。探査機の下部に筒状(長さ約1メートル、直径約20センチ)の採取装置(サンプラーホーン)がついており、この「1本脚」の先端でリュウグウの表面に触れる。はやぶさ2の開発期間が限られていたことと、表面の状況が分かっていない未知の天体へ着陸するには「1本脚」をピンポイントで接地させるのが合理的と考えられるためという。

この記事は有料記事です。

残り1933文字(全文2308文字)

【はやぶさ2】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集