メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

辺野古に杭7万7000本 軟弱地盤、地盤改良工事を検討

軟弱地盤が確認された米軍キャンプ・シュワブ東部海域の埋め立て予定海域(手前)=沖縄県名護市辺野古で2018年12月14日、本社ヘリから

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画で、県は21日、埋め立て予定海域の東側で確認された軟弱地盤は最も深い地点で水深90メートルに達し、政府が地盤を固めるために約7万7000本の砂の杭(くい)を打ち込む地盤改良工事を検討していることを明らかにした。杭を打ち込む深さについて国内企業の施工実績は水深70メートルまでにとどまっていることから、難工事も予想され、専門家は「最深部まで地盤改良ができなければ、完成後に沈下する恐れがある」と指摘している。

 菅義偉官房長官は21日の記者会見で「一般的な施工実績が豊富な工法で地盤改良工事を行うことで、対応は…

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文1044文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです