メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道胆振地方中東部で震度6弱 津波の心配なし

地震で鉄道のダイヤが乱れ、運行状況を確認する人たち=札幌市のJR札幌駅で2019年2月21日午後9時55分、土谷純一撮影

 21日午後9時22分ごろ、北海道地方で強い地震があり、厚真(あつま)町で震度6弱を観測した。気象庁によると、震源は胆振(いぶり)地方中東部で、震源の深さは33キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は5.8と推定される。この地震による津波の心配はない。

 北海道電力によると、道内で全域停電は発生しておらず、厚真町にある苫東(とまとう)厚真火力発電所や、運転停止中の泊原子力発電所(泊村)など道内の発電所でトラブルは起きていないという。

 北海道警によると、この地震によるけが人などは出ていない。また、厚真町内で大規模な土砂崩れは発生していないという。

 北海道では昨年9月、今回の地震と同じ胆振地方中東部を震源とする最大震度7の地震が起き、大規模な土砂崩れが起きた厚真町などで41人が死亡。苫東火力発電所が停止した影響で、道内全域で大規模な停電が起きた。

 今回、震度5弱以上を観測した市町は次の通り。

 震度6弱=厚真町▽震度5強=安平(あびら)町、むかわ町▽震度5弱=札幌市北区、札幌市手稲区、千歳市、長沼町、平取(びらとり)町。【三沢邦彦】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. 米グーグル、年内にゲーム参入 専用機不要、業界の構図変動も
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです