メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2着陸の成功基準は二つ 「チーム信じて頑張りたい」 JAXA会見詳報

探査機「はやぶさ2」の小惑星リュウグウへの着陸直前の状況について説明する吉川真・はやぶさ2ミッションマネジャー(右)=東京都千代田区で2019年2月20日、永山悦子撮影

 探査機「はやぶさ2」の小惑星リュウグウへの着陸を目指す降下が始まった。降下に向けて探査機へ指令などを送る運用が始まった20日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は記者会見を開き、「やるべきことはやったが、惑星探査では何が起きるか分からない。何かが起きたとしても対処できるように準備してきた。プロジェクトチームを信じて頑張りたい」と、着陸成功への意欲を示した。

 計画によると、はやぶさ2は22日午前8時ごろ、10月の降下リハーサルで投下した目印となるボール(タ…

この記事は有料記事です。

残り5005文字(全文5234文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 月経周期の平均日数は年齢とともに変化 国立成育医療研究センターが発表

  2. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  3. 河井氏に相場10倍の「えこひいき」? 自民党内からも疑問の声相次ぐ

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです