メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2着陸の成功基準は二つ 「チーム信じて頑張りたい」 JAXA会見詳報

探査機「はやぶさ2」の小惑星リュウグウへの着陸直前の状況について説明する吉川真・はやぶさ2ミッションマネジャー(右)=東京都千代田区で2019年2月20日、永山悦子撮影

 探査機「はやぶさ2」の小惑星リュウグウへの着陸を目指す降下が始まった。降下に向けて探査機へ指令などを送る運用が始まった20日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は記者会見を開き、「やるべきことはやったが、惑星探査では何が起きるか分からない。何かが起きたとしても対処できるように準備してきた。プロジェクトチームを信じて頑張りたい」と、着陸成功への意欲を示した。

 計画によると、はやぶさ2は22日午前8時ごろ、10月の降下リハーサルで投下した目印となるボール(タ…

この記事は有料記事です。

残り5005文字(全文5234文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです